1960年代英国の理学療法士が患者の母親に息子が徒競走で早く走れるようにして欲しいと依頼される。オイルトリートメント主体の施術に治療として行っていた手技療法を融合させた結果、良いパフォーマンスが出せたというエピソードがリメディアルセラピーの発祥説とされている(森岡調べ)。

それをきっかけに手技療法の可能性を追求し始めリメディアル(マッサージ)セラピーとして確立されていく。英国連邦のオーストラリアにも伝わり、土着の自然療法があることも手伝って

全土に拡がり今日までの発展を遂げた。

リメディアルセラピストは医療従事者とともに働く資格をもち、その施術はヘルスカバー(医療保険)でほぼ全額保証されるなど、信頼も高い。政府公認の機関を卒業すると、英連邦国をはじめ、EU諸国でも就業可能な資格を有することができる。

​リメディアルセラピーとは

JARTのリメディアルセラピー

比較できないオリジナルを提供

~体に関すること、その全てにアプローチ~

 

 Remedialには“治療的な”という意味、Therapyには“(病気の)治療、療法”という意味があります。直訳すれば治療的な療法になります。

 リメディアルセラピーは、1960年代欧州に始まったとされる説があります(リメディアルセラピーを記述した資料が少なく、歴史については不確かな部分も多い)。そこから自然療法大国であるオーストラリアへと渡り普及発展しました。日本でマッサージや整体などが広く日常生活に溶け込んでいるのと同様に、オーストラリア国内でも今なおその需要が急速に高まりを見せているという状況にあります。

JARTのリメディアルセラピーは、医師による診断・治療ではなく、徒手による施術を主とし、身体の自己治癒力を促進するきっかけを与え、症状(不定愁訴)の改善を目的とした代替医療です。

本場オーストラリアでは、リラクゼーション目的だけではなく一般の運動愛好家も含めたスポーツ分野まで、広いニーズに応える手技としてその地位を確立しています。治療的な側面を持ちながらバランス調整運動やトレーニング面での効果も引き出すことが出来る体系化された手法として、これからのボディケアの中心としての活躍を期待されるセラピーです。

 基本的に徒手による手技療法で道具をほとんど用いません。リメディアルセラピー自体は数多くの教育機関などで教えられていますが、その多くはオイルによるケアが殆どを占めています。一方でJARTの推奨するものには、基本的なリメディアルセラピーに運動学や運動生理学、スポーツ医学等の知識も含め、着衣で調整をする手技も多いという特徴があります。それにより、これまでのリラクゼーションセラピーに身体の調整をするという技術も融合させた新しいスタイルを学んでいくことが出来ます。着衣での対応力があるという点からもアスレティックトレーナー、パーソナルトレーニングなどの分野にまで活用することができるものとなっています。日本でこの様なリメディアルセラピーを学べる機関はJARTだけになります。

「リメディアルセラピー」は、オーストラリアにおいて医療系マッサージとして政府公認の資格となっており、治療の他にも各分野で広く利用されています。                                                     ©Copyright 2006年JART発足時森岡が作成した内容を基に編集。不許複製

何を学ぶかではなく 

誰が学ぶか

​納得する答えを求めるなら今すぐ

© JART.AllRightsReserved

  • jart facebookpage
  • jart twitter